いろいろ見てみよう

即決は避ける

教会

結婚式をどこで行うのか、これは特に女性にとって重要です。一生に一度の一大イベントとも言えることから、こだわりを持って選びたいと思うものだからです。そのためには、たくさんの式場を見てみましょう。ブライダルフェアを活用してみるのもいいかもしれません。ただし、ブライダルフェアを活用する際の注意点があります。まず一つ目は即決しないことです。ブライダルフェアに参加をすると、スタッフが一組でも多くその場で結婚式の契約をしようと躍起になることがあります。しかし、もっと別の式場と比較すると、さらに良い式場が見つかることもあるのです。おだてられてすぐに決めないように、冷静になって検討しましょう。続いての注意点は、たくさんの式場を見てみることです。ブライダルフェアはいろいろな式場で行われています。日程がかぶってしまうこともあるので、この点は気をつけましょう。スケジュールをよく組んだ方がいいかもしれません。それから、もう一つの注意点としては費用です。ブライダルフェアではウェディングドレスや食事メニューなども提案されていることがあります。しかし、費用を重視しましょう。どのくらいの費用がかかるのか、この時点でスタッフに相談してみることが大事です。軽く見積もりを出してもらいましょう。このように、いくつかの注意点を踏まえた上で上手にブライダルフェアを活用することをお勧めします。費用はリーズナブルなものが多くなっていますが、ほとんどの人があれもやりたいこれもやりたいというように加算することになるものです。

冷静な判断が大切です

新郎

ブライダルフェアは結婚を控えたカップルにとってとても参考になるイベントです。実際の挙式会場での模擬挙式やドレスの試着会、料理の試食会など結婚式場によって様々なイベントが開催されます。ドレスの試着会が行われるブライダルフェアに参加する場合の注意点として挙げられるのは、着替えやすい服装であることや、華美な下着を避けることです。着替えがしやすい服装であると、何着も着ることができるため、着替えがスムーズになり便利です。また、下着もドレスに響かないシンプルなものを着用したほうが、きれいに試着できるでしょう。色の濃いものやレースやフリルが沢山ついているものよりは、Tシャツブラのようなツルツルの下着のほうがよいです。ブライダルフェアでの注意点は服装だけでなく、見積もりなどにも注意が必要です。結婚式会場によっては、ブライダルフェアのときだけ割り引いているといった説明で成約をさせようとする場合があります。しかしながら、華やかなブライダルフェアを見ると気分が高揚して正確な判断ができない場合もあるため注意が必要です。また、それ以外の注意点として挙げられるのは、ブライダルフェアで使われている装飾や料理などをそのまま、自分たちに当てはめてはいけないといった点です。ブライダルフェアでは一番グレードの高い装飾などを施している場合もあるため、全てを同じにすると莫大な費用が必要になる場合もあります。このような注意点を踏まえてブライダルフェアの会場に出向くと安心です。

経済的な負担を抑える

お花

沖縄はリゾートウェディングの行先として国内では安定した人気を保っていますが、気になるのは結婚式の費用です。内閣府が2014年に行ったリゾートウェディングに関する調査によれば、沖縄での結婚式にかかった費用の平均は150万円程度となっています。こちろんこれは平均なので、ゲストの人数や結婚式場のオプションによって、費用は大きく変わります。ゲストを沖縄に招待する場合、航空券の代金を支払ってもらうのは心苦しいということで、カップルの側が負担するケースが多いようです。こうなるとゲストの人数に応じて、多額の費用がかかってしまいます。また交通費をゲストに出させる場合は、祝儀は受け取らないのがマナーなので、収入は減ってしまい、どちらにせよ経済的な負担は大きくなります。どうしても費用を安くあげたいなら、ふたりだけで結婚式を挙げるという方法もあります。結婚式場にはフラッグやバルーンなどのほか、沖縄らしい南国の花や植物を飾りつけるオプションが選べます。もちろんオプションに応じて費用はかかりますが、装飾が何もないと寂しく感じるかもしれません。しかし沖縄というロケーションを利用して、青い海を背景に写真を撮るといった方法も考えられます。工夫次第で費用を抑えつつ、思い出に残る結婚式を挙げることが可能です。ふたりだけの結婚式からゲストを招いた披露宴まで、さまざまなプランが提供されているので、ネットの情報を検索してみるとよいでしょう。

自然のなかで結婚する

新郎

沖縄で結婚式を挙げるときに、費用が気になるケースも多いでしょう。費用を節約するには親族や親しい友人のみを招いて行う小規模な結婚式にするという方法があります。また、沖縄から離れた場所に住んでいる場合は、移動に時間がかかります。仕事の都合などスケジュールを把握して計画を立てることが大切です。

もっと読む

最高の披露宴のために

フラワー

結婚を控える2人にとって、ブライダルフェアは式場選びの有用な手段ですし、式を疑似体験できる楽しいひと時でもあります。しかしながら、だからこそ安易に決めてしまわないように、幾つかの注意点を意識しながら参加するようにしましょう。

もっと読む

実際に足を運んでみる

手

ブライダルフェアでいくつかの結婚式場に足を運ぶ際は、気をつけたい注意点があります。まずカメラは絶対に忘れたくない持ち物です。後々人から式場について助言を仰ぐためにも持って行きましょう。他にも営業の強い結婚式場は避けると良いでしょう。

もっと読む