最高の披露宴のために

後悔しない式場選び

フラワー

結婚が決まったカップルにとって、式までの準備は手間がかかるものです。中でも式場選びは大きなウエイトを占めており、最も慎重に進めなければなりません。式場選びに有効な手段が、ブライダルフェアへの参加です。様々な式場で開催されているブライダルフェアですが、結婚の日取りが決まっていない方々でも参加することが可能です。実際に供出される食事の試食会やウェディングドレスの試着、簡易的な披露宴体験など、式場によって種々の経験をすることができます。一方で、非日常的な空間となりますので、冷静な判断を下すための注意点としてはその場で契約しないことが挙げられます。結婚式には多額の費用が必要だと肝に命じ、即決しないということを注意点として覚えておいてください。ブライダルフェアに参加する際のもう一つの注意点は、式場の装飾品や調度品についてです。自分たちの式においても、フェアと同じものが手配されるとは限りません。どこの会場もブライダルフェアには力を入れるものです。したがって、自分たちが手配できる予算以上のグレードとなっている場合があります。いくらぐらいの予算で同等の会場の手配と設営ができるのかを確認しておくとよいでしょう。最後に、見積に関する注意点について説明します。大原則として、見積は複数の会場から取り寄せて比較検討するようにしてください。そして、自分たちの要求仕様を満たす場合、最終的にいくらになるのかをチェックしておきましょう。

媒体経由で申し込みしよう

新郎

結婚が決まり結婚式を挙げる場合には、積極的にブライダルフェアへの参加がおすすめです。希望する挙式会場、披露宴会場が決まっている場合には、直接施設に電話やメールで問い合わせをして予約するのもいいのです。しかし、結婚専門雑誌やサイトなどの媒体経由で申し込みすると特典が得られることがあります。現金や商品券の特典が付くこともあります。また、媒体経由のブライダルフェア申し込みで、装花や料理の無料グレードアップの特典などが付くことあるのです。ブライダルフェアに申し込みする前には、いろいろな媒体をみてから一番お得なルートでの申し込みが良いです。またブライダルフェアに参加する際の注意点としてよくあげられるのが、その場で契約してはいけないというところです。しかし、契約してもキャンセル可能な時期を確認しておけば、それほど怖がる必要もありません。ブライダルフェアに参加した日に契約することで、さらに特典が得られることもあります。そのため、狙っていた施設であれば、即時契約がお得になることもあるでしょう。即時契約よりもブライダルフェアでの注意点として挙げられるのは、装花や料理のランクを確認しておくことです。フェア当日はどこも力をいれていますので、注意点として装花がグレードアップされていたり、料理も真ん中ランクよりより上のランクで用意されていることが多いです。フェア当日の満足度をイメージして契約してしまい、事前の打ち合わせの中でランクアップを迫られて追加料金が発生することも少なくないです。注意点を踏まえたうえで、フェアに参加すると失敗がありません。

国内でゲストも安心です

花嫁と花婿

海があるリゾートで結婚式を挙げたい人は、海外であげるよりも費用が抑えられる安心の沖縄がお勧めです。ゲストは国内から呼ぶ場合にも、飛行機で全国各地から2時間半程度でアクセスできることから、海外ウェディングに比べてもゲストに負担がかかりづらいです。沖縄では、年間を通して暖かい気候であることから、海外のようなリゾート気分を楽しむことができます。費用面も20名程度の招待客を想定すると、二百万円前後の費用で挙げることができます。結婚式だけでなく、沖縄の観光ができるのでハネムーンを考えている人にもオススメです。ベストシーズンは、春の時期や梅雨明けです。交通費や滞在費を呼ぶ側が一部負担するのかしないのかにより、かかってくる費用は大きく異なります。ご祝儀との兼ね合いもありますので、どのようなプランにするのか決めましょう。ゲストは友人を呼ぶ場合でも40人程度までが一般的です。結婚式を挙げるまでには、色々と決定事項がありますが結婚式パックになっているものが便利です。全国各地にあるウエディングサロンへ行くと、沖縄現地の事情に詳しいスタッフから詳細な説明を受けることができます。沖縄にはリゾートウエディングができる会場が多くありますので、地元にいながら、複数の会場を検討することが可能です。現地を訪問せずに検討できますので、是非資料請求をしてみてください。しっかりと検討することで、理想的なウエディングを実現することができます。

自然のなかで結婚する

新郎

沖縄で結婚式を挙げるときに、費用が気になるケースも多いでしょう。費用を節約するには親族や親しい友人のみを招いて行う小規模な結婚式にするという方法があります。また、沖縄から離れた場所に住んでいる場合は、移動に時間がかかります。仕事の都合などスケジュールを把握して計画を立てることが大切です。

もっと読む

最高の披露宴のために

フラワー

結婚を控える2人にとって、ブライダルフェアは式場選びの有用な手段ですし、式を疑似体験できる楽しいひと時でもあります。しかしながら、だからこそ安易に決めてしまわないように、幾つかの注意点を意識しながら参加するようにしましょう。

もっと読む

実際に足を運んでみる

手

ブライダルフェアでいくつかの結婚式場に足を運ぶ際は、気をつけたい注意点があります。まずカメラは絶対に忘れたくない持ち物です。後々人から式場について助言を仰ぐためにも持って行きましょう。他にも営業の強い結婚式場は避けると良いでしょう。

もっと読む