自然のなかで結婚する

ウェディングのポイント

新郎

雄大な自然や海の近くで結婚式を挙げたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。結婚式は夫婦になる二人が永遠の愛を誓う大切な儀式です。そのためロケーションにもこだわりを持ちたいと考えている人は多い傾向にあります。そうした結婚式場選びで人気を集めているもののひとつが沖縄です。沖縄にはたくさんの自然が残っており、広々とした空間で気持ちの良い結婚式を挙げることができると評判を集めています。沖縄で結婚式を挙げる場合、気になるのが費用でしょう。特に東京などの都市部に済んでいる場合、交通費や宿泊費がかさむケースも多いといわれています。費用をできる限り抑えたいという場合は、身内や親しい人だけを集めた結婚式を企画すると良いかもしれません。参列者を減らすことで式場にかかる費用や、交通費、宿泊費などにかかる費用を節約することができます。また、沖縄で結婚式を挙げるときは、きちんと参列者の都合を考えることが大切です。沖縄に遠い場所に住んでいる場合、移動時間がかかってしまいます。そのため参列者は仕事を休むなど、スケジュールの調整が必要になるでしょう。仕事の忙しい時期を避けて結婚式を挙げる、また忙しい人は参列者の希望から外すなどの気配りが必要になるでしょう。人生の大きな節目ともいえる結婚式は、万全の体制で迎えたいものです。スケジュール管理や費用の心配がないよう。しっかりと計画を立てて行動することがとても大切です。

比較して賢く選ぼう

花嫁と花婿

結婚式が決まったらまずはブライダルフェアに行ってみませんか。ブライダルフェアの内容は、料理の試食会、ドレスの試着、披露宴会場の見学、見積り相談などです。披露宴会場は当日さながらにきれいに飾られていて、そこは非日常な空間です。テンションも自然とあがりますが、ブライダルフェアの注意点として挙げられるのは、安易に即決しないようにすることです。結婚式は高い買い物ですので必ず気になる式場を何軒か見て、見積りを比較してから契約してください。どうしても日取りにこだわりたい場合には、フェアに行く前に空きがどのくらいあるか電話で確認しておくと無駄足にならずにすみます。また、ブライダルフェアの披露宴会場の飾りつけは営業用で、最高レベルの仕様になっています。注意点としては、もし同様にするのであればかなりのお値段がかかると心得ておいてください。あくまでも参考程度にして、ブライダルフェア当日は会場全体の雰囲気や設備をみておきましょう。ドレスも、フェアで一度試着すると式場内のレンタル店で借りようと考えます。しかし、一般的には結婚式場内の貸ドレスはとても高額です。持ち込み料を支払っても、外部で借りる方がドレスの選択肢も多く金額的にも抑えられることが多いです。ブライダルフェア当日は撮影してよいものは、全部撮影してみましょう。写真があればご両親の意見などを聞く時にもわかりやすく伝えられます。色々な注意点に気を付ければブライダルフェアは式場を知るよい機会です。注意点を踏まえつつ、よい式場を選びましょう。

予算とお車代を考慮

会場

沖縄で結婚式を挙げる際には、かかる費用と予算とを考えながら計画を立てる必要があります。というのも沖縄は島なので、本州から行く場合、必然的に船または飛行機を使うことになるからです。関東からだと約1600キロ離れているため、日帰りが難しく、基本的には宿泊が必要となります。つまり沖縄での結婚式では、移動と宿泊の費用がやや多くかかるということです。その分ゲストにも負担をかけることになるので、沖縄で結婚式を挙げる新郎新婦の多くが、ご祝儀を辞退しています。そうすれば負担が軽減されることから、ゲストがより気持ちよく出席できるようになるからです。またご祝儀を受け取る代わりに、お車代を渡すという新郎新婦も多くいます。移動と宿泊の費用の一部を包んで渡すのですが、この場合もやはり、ゲストの負担が軽減されることになります。もちろんお車代の額は、ゲストが住んでいる場所から沖縄までの距離を考慮して決める必要があります。関東からなら3万円、関西からなら2万円といった具合です。ゲストの人数によっては、このお車代だけで50万円以上かかることになります。そのため沖縄での結婚式を計画する場合、最初にゲストの人数を確認しておくことが大事です。予算からお車代を差し引いた額が、結婚式の衣装や披露宴の料理などに費やすことのできる額となるからです。予算が200万円で、お車代に50万円かかるという場合、結婚式の費用は150万円までに抑える必要があるわけです。

自然のなかで結婚する

新郎

沖縄で結婚式を挙げるときに、費用が気になるケースも多いでしょう。費用を節約するには親族や親しい友人のみを招いて行う小規模な結婚式にするという方法があります。また、沖縄から離れた場所に住んでいる場合は、移動に時間がかかります。仕事の都合などスケジュールを把握して計画を立てることが大切です。

もっと読む

最高の披露宴のために

フラワー

結婚を控える2人にとって、ブライダルフェアは式場選びの有用な手段ですし、式を疑似体験できる楽しいひと時でもあります。しかしながら、だからこそ安易に決めてしまわないように、幾つかの注意点を意識しながら参加するようにしましょう。

もっと読む

実際に足を運んでみる

手

ブライダルフェアでいくつかの結婚式場に足を運ぶ際は、気をつけたい注意点があります。まずカメラは絶対に忘れたくない持ち物です。後々人から式場について助言を仰ぐためにも持って行きましょう。他にも営業の強い結婚式場は避けると良いでしょう。

もっと読む